葬儀の後の遺骨の扱い

葬儀の後に遺骨は納骨するというのが基本的な流れです。墓地か納骨堂に納骨するのか、どちらかでしょう。最近では、さまざまな理由で散骨するというケースが出てきました。自然葬と呼ばれる仕組みのひとつではありますが、日本で一般的なのが海や山に一部をまく方法です。川に撒くこともありますが、珍しいところでは、宇宙に散骨するといった方法も出てきています。遺骨を廃棄したり墓地以外の場所へ埋葬することは違法です。しかし、散骨に関しては、法務省の見解により、節度を持っておこなう分には違法ではないとしています。刑法190条との関係になりますが、法務省は何でも容認しているわけではなく、節度を持っておこなえば、違法性はないとしているところには注意が必要でしょう。

散骨をするときには、必ず土地所有者に許可をとらなければいけません。あとからもめるポイントになってしまうためで、親族の所有であっても、理解してもらうことが必要です。周辺住民といったことも出てきますし、海や川になると、漁業をおこなっている人たちの感情といった問題も出てきます。話し合いの場を持つことも必要になってくるでしょう。

散骨する際には、そのままで散骨してはいけません。細かく粉砕することが必要で、最低でも2mm以下にしなければなりません。これは法律で定められているため、必ずおこなう必要がありますが、個人でおこなうのはまず無理でしょう。細かく粉砕するといったこと自体が難しいからです。これまでに散骨をおこなっている経験があるところに依頼することも必要ですし、散骨専門でおこなっている業者を見つけることも考えなければなりません。

そのほかにも自然葬といったかたちも増えてきました。樹木葬など多くの言い方がありますが、墓石の代わりに樹木を植えて、これを墓碑代わりにします。遺骨を埋葬することには変わりませんが、散骨のような方法ではなく、埋葬するというのが重要です。葬儀の後には必ず考えていかなければいけないのですから、考慮していかなければいけません。